卓球のアジア選手権女子シングルスで中国トップを破り、初優勝した平野美宇選手(17)=中央市出身、エリートアカデミー=が2日までに、山梨日日新聞のインタビューに応じた。日本勢21年ぶりの快挙を振り返り、「(大会を通して)試合の中で成長できた」と感想。今後については「世界の卓球界を引っ張って、その最先端になりたい」と語り、世界最強に向け貪欲な姿勢を見せた。

...    
<記事全文を読む>