恒例の「こども天国」が4月29日、取手市取手の取手緑地運動公園で開かれ、スペシャルゲストとして大相撲の大島親方(元関脇・旭天鵬)が来場。ファッションショーの審査員を務めたほか、観戦したわんぱく相撲では、表彰式でプレゼンターとして上位入賞の子どもの首にメダルをかけた。自身も3人の子どもを持つ大島親方は、ファッションショーを振り返り、「みんなかわいくて、娘と同じ年頃の子もいたので点数を付けるのが難しかった」と苦笑。取手については「自然の中で遊ぶことができるのはいい。天気もいいし、子どもたちも連れてくればよかった」と話した。会場は晴天に恵まれたこともあり、約2万人(主催者発表)の親子連れらで...    
<記事全文を読む>