重量挙げの第63回全日本学生個人選手権大会・第29回全日本女子学生選手権大会は30日、大阪の羽曳野市・はびきのコロセアムで最終日を行い、男子105キロ級で屋良一郎(沖縄国際大)がトータル330キロ(スナッチ150キロ、ジャーク180キロ)を挙げて頂点に立った。女子90キロ級の知念ひめの(糸満中―大阪産業大付高―平成国際大)はジャーク115キロのジュニア日本記録を樹立し、トータル200キロで3位に入った。同75キロ級の比嘉裕季乃(那覇高―平成国際大)はトータル164キロ(71キロ、93キロ)で2位だった。◆大学で初戴冠/精神面の弱さ克服屋良 元高校日本チャンピオンが大学入学後、初めて全国...    
<記事全文を読む>