ハンドボールの第45回沖縄県中学校春季選手権大会の最終日は30日、沖縄市の県総合運動公園体育館で準決勝と決勝を行い、女子は九州大会の決勝の再現となり、仲西が29―21で美東に勝利し、5年ぶり10回目の頂点に立った。男子は神森が沖縄東を27―24で破り、3連覇、15回目の栄冠をつかんだ。◆連続得点、点差守る/逆転の仲西女子 リードされても、効果的なタイムアウトを機に冷静さを取り戻した仲西が29―21で美東に勝利し、5年ぶりの頂点に立った。

 決勝の相手は3月の九州中学生選抜大会を制した美東だったが、美東エースの西田瑞歩のロングシュートに苦しめられ、前半序盤から仲西は次々とゴールを決められる...    
<記事全文を読む>