県内で初開催のアルティメットフリスビーの大会「多気町アルティメットフリスビー大会が」三十日、のびのびパーク天啓(多気町四疋田)の芝生広場であった。多気町や松阪市、伊賀市など県内や奈良県から、十~六十代の四十人が参加した。

 多気町国際交流協会が競技の魅力を知ってもらおうと開催。アルティメットフリスビーは米国発祥のスポーツで、一チーム七人編成。フライングディスクをパスでつなぎ、得点ゾーンで受け取ると得点できる。試合時間は大会によって異なる。

 大会は即席で十人一チームを組み、計四チームが総当たりで戦った。一チーム十人のうち七人が出場し、二十五分の制限時間内に5点先取したチームが勝ち。試合終了...    
<記事全文を読む>