10月に三好市など吉野川上流で開かれる競技ラフティング世界選手権出場がメンバー不足で危ぶまれていた女子ユース(15歳以上19歳未満)のチームに、新たに3人が加入した。これまでの4人と合わせて1チーム6人の条件をクリアし、出場を熱望していたメンバーは「やっとスタート地点に立てた」と喜んでいる。

 新たに加入したのは池田中学校3年谷和沙(かずさ)さん(14)、三野中3年髙井紫乃さん(14)、城ノ内中3年齊藤成美さん(14)。いずれも12月末までに誕生日を迎えるため、出場できる。

 谷さんは、いとこでメンバーの名西高3年吉井夢女(ゆめ)さん(17)に声を掛けられ、4月中旬に友人の髙井さんと共に三...    
<記事全文を読む>