笠岡市鋼管町のJFE瀬戸内海GCで25日に開幕した男子プロゴルフのミズノオープン(山陽新聞社後援)には、岡山県内外から約1800人のファンが訪れ、トッププロらが繰り出す力強いショットや絶妙なパットに魅了された。

 大会には、日本プロ選手権日清カップを制した宮里優作選手や、先週の関西オープンでツアー初優勝を果たした今平周吾選手ら、そうそうたるメンバーが参戦。大勢のギャラリーがプロの技を見ようと後を追い掛け、1打ごとに「ナイスショット」などと声援や拍手を送っていた。

 初めて訪れたという男性(67)=岡山市東区=は「私もゴルフをするが、やはりプロはフォームがきれい。あんなシャープなショットを打...    
<記事全文を読む>