男子プロゴルフの日本ツアー第8戦「ミズノオープン」(山陽新聞社後援)は25日、笠岡市のJFE瀬戸内海GC(7404ヤード、パー72)で開幕。午前7時に第1組がスタートし、今季2勝の宮里優作や一昨年にホストプロ優勝を飾った手嶋多一らが次々ティーオフした。全英オープン(7月20~23日)の出場権が得られる大会。上位4人に与えられる切符を懸け、約140人が4日間、熱戦を繰り広げる。

 同GCでの開催は7年連続16度目。宮里優や手嶋のほか、谷口徹や小平智、片山晋呉ら注目選手が顔をそろえた。前週の関西オープン2位の片岡大育(香川西高出)、岡山県出身の池上憲士郎(高梁北中出)ら郷土勢も全英出場を狙う...    
<記事全文を読む>