ゴルフの中国女子アマチュア選手権最終日は18日、東広島市の広島CC八本松コース(6155ヤード、パー72)で最終ラウンドがあった。首位と3打差の6位で出た岡山・後楽館中3年の桑木志帆(吉備高原)が通算6アンダー、138とし大会史上最年少の14歳3カ月で初優勝した。

...    
<記事全文を読む>