第85回日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯は14日、名護市のかねひで喜瀬カントリークラブ(7217ヤード、パー72)で最終日を行い、単独2位の6アンダーで最終ラウンドに臨んだ宮里優作が12アンダーまでスコアを伸ばし、逆転優勝した。中日クラウンズに続いてツアー2試合連続優勝、国内三大大会を初制覇した。宮里は優勝賞金3千万円と来季から5年のシードを獲得した。

 宮里は通算5勝目。自身初の年間複数回優勝となった。これで今季の賞金ランキングはトップに躍り出た。宮里は「沖縄の人たちの応援のおかげでリラックスして回れた。兄も藍ちゃんも沖縄で優勝しているのに自分がしていなかったから勝ちたかっ...    
<記事全文を読む>