宮里優作にとって我慢、我慢の決勝ラウンド初日だった。早朝からの雷雨で午前10時の開始予定が5時間遅れた。午後2時50分にようやく始まったラウンドは「ほぼ狙った通りに打てた」というバーディーチャンスの長短のパットが、ことごとくカップにはじかれた。「良いショット、良いパットを打ってるのに伸びない。ストレスのたまるラウンドだった」。開始から全12ホールをパーで粘ったが、最後にボギー二つと崩れて日没で時間切れとなった。

 この日はグリーンに泣いた。スタートの1番から、絶好のパットがカップをかすった。ギャラリーはバーディーを確信した後に、最後は「あぁ~っ」のため息の繰り返し。宮里は「芝目が伸びちゃ...    
<記事全文を読む>