アマチュアゴルフの第14回県社会人シニア選手権と第17回県社会人女子選手権(茨城新聞社主催)は10日、笠間市の宍戸ヒルズCC東コース(シニア6481ヤード、女子5803ヤード、ともにパー72)で行い、シニアは冨田久三選手(ひたちなか)が1オーバー73で並んだ3人によるプレーオフを制し、2年連続5度目の優勝を飾り、女子は初出場の高橋黎子選手(つくば)が栄冠を手にした。

 冨田選手はプレーオフの2ホール目で優勝を決め、「なんと言っても勝つということはうれしい。これからも大会の活性化に一役買えるようにしたい」と笑顔で語った。また2位に5打差の快勝だった高橋選手は「人生で初めて大会で優勝できた。...    
<記事全文を読む>