大野市で二十八日に開かれた越前大野名水マラソン(大野市、市教委、市体育協会、中日新聞社、日刊県民福井主催)は、ハーフマラソンや親子が手をつないでゴールを駆け抜ける2キロ親子の部などに多くのランナーが出場。市民や中学生ボランティアらも、助け合いの気持ちを表す「結(ゆい)の心」で大会を盛り上げた。◆ゲストランナーに千葉真子さん 元マラソンランナーでスポーツ解説者の千葉真子(まさこ)さん(40)=千葉県在住=が、ゲストランナーとして来場。出場者たちに「走る楽しさ、生きている喜びを皆さんで分かち合いましょう」と呼び掛け、会場を盛り上げた。

 千葉さんはスターターも務め、出走直前には「一緒にジャン...    
<記事全文を読む>