第五十三回越前大野名水マラソン(大野市、市教委、市体育協会、中日新聞社、日刊県民福井主催)は二十八日、大野市役所前を発着点とするコースで開かれる。県内外から四千七百九十五人がエントリーし、水と緑の奥越路を走る。

 エントリーしたのは、ハーフマラソンが千五百九人、10キロが八百六十八人、小学一~三年の2キロ親子が八百四十四人、小学四~六年の2キロが四百六十一人、3キロが六百二十五人、5キロが四百八十八人。

 スタート地点の市役所周辺には選手控室やウオーミングアップゾーンが設けられる。スタートはこれまで一斉スタートだったハーフマラソンを二部門に分け、部門ごとのスタート順も一部見直す。ゴールへの...    
<記事全文を読む>