東京都、都スポーツ文化事業団は7月24日から8月7日にかけ、本県など東日本大震災被災地をランニングと自転車でつなぐ「未来(あした)への道 1000キロ縦断リレー2017」を行う。今月31日まで参加者を募集している。

 リレーの全長は青森県から東京都まで約1250キロ(約150区間)。震災の記憶の風化防止につなげるとともに、5回目の今年は全国と被災地の絆を深める交流をテーマに掲げた。

 4県5カ所の区間ゴール地点で郷土芸能など各地の魅力が体感できるウエルカム交流イベントを初めて企画。本県では久慈市役所に到着予定の7月25日午後4時半ごろから現地で行う。

 県内では同市役所のほか26日に宮古市の...    
<記事全文を読む>