12月2日に静岡市内で行われる第18回県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の中部地区担当者説明会が24日、同市駿河区の静岡 新聞放送会館で開かれた。7市町9チームの担当者が、区間やコースなど前回大会からの変更点を確認した。

 今大会は陸上競技の底辺拡大を目的に小学生区間を増設し、全12区間で行う。

 新谷誠規大会実行委員長は「(区間増で)選考は大変になると思うが、駆けっこの好きな子を育ててほしい。各市町の活性化につながれば」とあいさつした。

 7月22日にスタート位置の抽選会を行う。

...    
<記事全文を読む>