陸上の中国実業団選手権最終日は21日、三次市のみよし運動公園陸上競技場で男女32種目の決勝があった。女子の800メートルは田阪亜樹(洋菓子ジョルジュ)が2分12秒21で7年ぶりに優勝。男子のやり投げは、高力裕也(倉吉北高教)が66メートル87で2連覇した。

...    
<記事全文を読む>