陸上の第39回県中学校選手権大会の第1日は20日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場で開幕し、女子2・3年四種競技で前田美海(南風原)が2403点の県中学新記録をマークし優勝した。

 女子の友利晟弓(伊良波)が1年砲丸投げで大会新の12メートル14、共通円盤投げは33メートル53を投げ2種目を制した。男子2・3年800メートルで大会新の2分3秒76を出した比嘉悠人(山田)は1500メートルとの2冠を飾った。

 男子共通円盤投げの友利健秀(伊良波)は36メートル13の大会新で頂点に立った。

 21日は男女の400メートルリレーなどが行われる。◇更新、狙い通り 前田、全中参加記録超え視野に女子2・...    
<記事全文を読む>