仙台市の作並(青葉区)と秋保(太白区)をはじめ、宮城県西部の温泉地をつないだ約100キロのルートを走破する「第1回みやぎ湯めぐりウルトラ遠足(とおあし)」が、9月2日に行われる。フルマラソンを超える距離を設定した「ウルトラマラソン」は近年人気だが、県内での大会実施例はまだ少ない。市民ランナーらでつくる実行委員会が「宮城の湯も食も丸ごと楽しめるイベントに」と初めて企画した。

 スタートは午前4時。作並温泉の岩松旅館駐車場から川崎町の青根、峩々、蔵王町の遠刈田の各温泉を経て秋保温泉の秋保ワイナリーを目指す。競技終了は午後7時。

 コースは全て舗装路。16カ所にエイドステーションを設け、水や菓子...    
<記事全文を読む>