陸上の第87回九州学生対校選手権第2日は13日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で男女計17種目の決勝などが行われ、男子800メートルは高木駿一(口加高-鹿屋体大)が九州学生新、県タイとなる1分49秒22でV2を飾った。

 県勢(県内大学在籍者と長崎陸協登録者)はこのほか、男子砲丸投げの北尾友靖(口加高-福岡大)が15メートル87、女子棒高跳びの塚本麻衣(諫早農高-九共大)が3メートル10で2位に入った。

 男子棒高跳びは下野祐征(九共大)が5メートル20、女子やり投げは山下実花子(同)が55メートル00でそれぞれ大会記録を塗り替えて優勝した。

 最終日は14日、同スタジアムで男女計1...    
<記事全文を読む>