陸上の中国実業団選手権は13日、三次市のみよし運動公園陸上競技場で開幕し、男女の5000メートルがあった。男子は岡本直己(中国電力)が14分1秒89で初優勝を果たした。2位には米沢類(中国電力)、3位にパトリック・キマニ(JFEスチール)が入った。

...    
<記事全文を読む>