石川県の能登半島で七月九日、新設のトライアスロン大会が開かれる。スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(マラソン)の三つを連続し、七尾湾に浮かぶ能登島(同県七尾市)をぐるっと一周する「アイランド・レース」だ。自然豊かなこの地では、国内外のエリート選手らを招いた大舞台が過去に何度も開かれている。トライアスロンに適したレース環境は国際的にも認められている。(前口憲幸)自然豊か 過去に国際大会も 大会名は「のとじまトライアスロン大会」。波穏やかな湾を泳ぎ、風光明媚(めいび)な海岸沿いを通り、浜風を受けながらゴールを目指す。距離は五輪や国体で採用されるスイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10...    
<記事全文を読む>