10月29日に開かれる「富山マラソン2017」の実行委員会(会長・石井隆一知事)は12日、県民会館であり、事務局が現在の参加申し込み状況などを報告した。金沢マラソンと同日開催となったにもかかわらず、申し込みは順調という。一方、今回からコースの一部が変更になることについて、出席者から期待と不安の声が聞かれた。

 大会は2015年に始まり、今年で3回目。フルマラソン(42・195キロ)とジョギング(約4キロ)、車いす(9キロ)の3部門を実施し、参加は1万3千人規模となる。

 フルマラソンは県民枠、応援枠、一般枠(先着)の計1万1千人分が既に埋まった。全47都道府県からエントリーがあるという。一...    
<記事全文を読む>