リオデジャネイロ五輪(2016年)銀メダリストらオリンピック・パラリンピック出場経験者が直接指導する小学生陸上教室(川崎市主催)が3日、同市中原区の等々力陸上競技場で開かれ、親子ら約310人が参加。子どもらは選手らの実技を間近にし、スタートや走り方のこつ、用具や義足などについて学んでいた。

 リオ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの山県亮太さんをはじめ、北京五輪(08年)同リレー銅メダリストの塚原直貴さん、リオパラリンピック走り幅跳び日本代表の高桑早生さん、男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介さんらが講師役を務めた。

 リオ五輪で第1走者としてメダル獲得に貢献した山県さんは、スタ...    
<記事全文を読む>