陸上の日本グランプリシリーズ第4戦、第33回静岡国際陸上(静岡陸上競技協会主催、静岡新聞社など共催)は3日、エコパスタジアムで開催される。8月の世界選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ね、男女200メートルなどグランプリ13種目が行われる。

 男子200メートルは激戦必至だ。昨年のリオデジャネイロ五輪代表の飯塚翔太(ミズノ、藤枝明誠高出)と高瀬慧(富士通、静岡西高出)に加え、今季100メートルで10秒0台を連発する桐生祥秀(東洋大)が参戦。2014年日本選手権覇者の原翔太(スズキ浜松AC)も名を連ねる。

 飯塚、高瀬は2日、エコパスタジアムで最終調整した。飯塚は20秒73(追い風参考)だった...    
<記事全文を読む>