日本バスケットボール協会は29日、エジプトで7月に開催されるU-19(19歳以下)男子ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表選手を発表し、全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大に在籍する八村塁や、福岡大大濠高2年の中田嵩基ら12人が名を連ねた。青森市出身の津屋一球(津軽中出、東海大1年)も選ばれた。

...    
<記事全文を読む>