バスケットボールBリーグの初代王者に輝いた栃木ブレックスの選手たちが本県に“凱旋”し、29日夜に宇都宮市内で開かれたスポンサーサンクスパーティーで優勝を報告、過去最多約400人の来場者から盛大な祝福を受けた。

 優勝を決めた27日のチャンピオンシップ決勝から2日。まだ勝利の余韻が残る中、そろいのポロシャツ姿に身を包んだ田臥勇太(たぶせゆうた)主将はじめ14選手やトーマス・ウィスマン監督らが優勝トロフィーとともに入場すると、会場は万雷の拍手に包まれた。

...    
<記事全文を読む>