Bリーグ1部(B1)の戦いを終えたレバンガ北海道は28日、北海きたえーるでファン感謝祭を開き、選手たちはゲームなどでファンと交流した。

 昨年の2倍となる約千人のファンが詰め掛けた。選手とスタッフが3チームに分かれ、椅子取りゲームや借り物競走などで得点を競った。1分間で25本の3点シュートを放つコンテストでは多嶋が17本を決め、西川らを上回って優勝。観客から大きな拍手を受けた。

 多嶋主将は「みなさんの支えがあってなんとか1部残留を決められた」とあいさつ。最後は選手とスタッフが総出で観客とハイタッチして感謝の意を示した。

...    
<記事全文を読む>