バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の富山グラウジーズは28日、射水市黒河(小杉)の県民公園太閤山ランドで、ブースター感謝祭を開いた。選手ら18人とブースター約850人がゲームなどを通して交流した。

 富山は今季、レギュラーシーズン18勝42敗で1部18チーム中15位だった。15位以下で争うB1残留を懸けたプレーオフ1回戦で仙台89ERS、2回戦で横浜ビー・コルセアーズを破り、残留を決めた。

 感謝祭では借り物競争などのゲームやトークショー、サイン会などがあり、試合とは違った朗らかな表情の選手たちとの楽しいひとときに、会場は笑顔に包まれた。舞台で選手らと記念撮影した八尾高校1年生の宮田...    
<記事全文を読む>