バスケットボール男子のBリーグ初代王者を決めるチャンピオンシップ決勝が27日、東京・国立代々木競技場に1万144人を集めて行われ、川崎ブレイブサンダースは79-85で栃木ブレックスに敗れ、優勝を逃した。

 Bリーグは分裂状態が続いていたNBLとTKbjリーグの国内2リーグが統合されて昨年誕生。昨季のNBL覇者の川崎は中盤にリードしたが、最終クオーターに横浜市金沢区出身の田臥勇太選手率いる栃木に反撃され、逆転負けを喫した。ファンねぎらい「来季も応援」 初代王座は逃したが、川崎のファンたちは熱戦に沸き、惜敗した選手たちをねぎらった。

 「歴史的な瞬間を見届けたい」。満員のスタンドで目を輝かせた...    
<記事全文を読む>