ブレックスが日本バスケットボール界の新たな歴史に、その名を刻んだ。

 プロバスケットボールBリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝は27日、東京・代々木第一体育館で行われ、栃木ブレックス(東地区1位)85-79で川崎(中地区1位)を下して優勝、Bリーグの初代王者に輝いた。

 決勝は一発勝負。田臥勇太(たぶせゆうた)率いるブレックスは同点で迎えた第2クオーター、古川孝敏(ふるかわたかとし)の3点シュートなどで43-37と6点リードを奪って前半を折り返した。

 後半は一時、川崎に逆転を許したが、4点を追う第4クオーター2分に再逆転した。その後は一進一退の攻防となったが、ジェフ・ギ...    
<記事全文を読む>