プロバスケットボールBリーグの京都ハンナリーズは26日、浜口炎ヘッドコーチ(HC)=47=と来季の契約継続で合意した、と発表した。

 浜口HCは2011年から京都の指揮を執り、bjリーグでは2度の西地区1位に導いた。Bリーグ初年度の今季は西地区5位だったが、堅実な守備を軸としたバスケットで最終盤までチャンピオンシップ進出を争った。

 また昨年度のユニバーシアード日本代表主将で、今季途中に加入したガードの伊藤達哉(22)=洛南高-東海大出=とも契約継続で合意した。

...    
<記事全文を読む>