発足1季目のバスケットボール男子Bリーグで1部(B1)昇格と2部(B2)優勝を決めた西宮の選手たちが23日、神戸新聞社を訪れ、戦績を伝えた。B2プレーオフ最優秀選手に輝いた道原紀晃は「リーグ戦で負けた島根に決勝でリベンジし、優勝という一番いい形で終えられた」と笑みを見せた。

 今季B2で戦った西宮は中地区を制し、プレーオフに進出。決勝で西地区1位の島根に完勝し、先発の松崎賢人は「誰が出てもディフェンスを頑張り、伸び伸びプレーしていた」と振り返った。

 来季はB1で厳しい戦いが待っている。西宮は展開の速いバスケットが持ち味で、竹野明倫(あきとも)主将は「どこが相手でも今のプレースタイルを貫く...    
<記事全文を読む>