プロバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)レバンガ北海道の折茂武彦選手兼代表と横田陽最高経営責任者(CEO)が23日、札幌市中央区の北海道新聞社を訪れ、シーズン終了のあいさつをした。折茂代表は「B1残留という最低限の目標は達成できた」とファンや関係者の支援に感謝した。

 所属する東地区は秋田と仙台のB2降格が決まり、再編される。

...    
<記事全文を読む>