「今季はとにかくホーム戦と接戦に弱かった。終盤に競っていると、リードしていても不安で仕方なかった」。秋田ノーザンハピネッツのBリーグ2部(B2)降格が決まった当日、ほぼ全てのホーム戦を見ているブースターがつぶやいた。特に横浜との残留プレーオフは3試合とも3点差以内。その試合展開は今季のハピネッツの戦いぶりを象徴しているようだった。

 ハピネッツはリーグ戦60試合のうち、残り30秒でも十分逆転可能といわれる5点差の試合が19戦あり、その結果は4勝15敗だった。そしてホームでの30試合の結果は8勝22敗。5点差以内のホーム戦は6戦全敗だった。勝負どころでミスを犯し、そのたびに客席からはため息...    
<記事全文を読む>