今季ホーム最終戦に待っていたのは、まるでドラマのような逆転劇だった。総立ちで歓声を響かせ、涙を流し、抱き合うファン。ブレックスの決勝進出が決った21日、約4千人で埋まったブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)は地鳴りを上げた。

 Bリーグの初代王者を決める「チャンピオンシップ(CS)」の準決勝。2戦先勝方式で、前日に先勝した東地区1位のブレックスと西地区1位の三河。地区王者同士の意地とプライドが激しくぶつかった。

 緊迫した場面は幾度となく訪れ、そのたびに会場は歓声で揺れた。

 第2戦は19点差を追う最終クオーター。熊谷尚也(くまがえなおや)、渡辺裕規(わたなべひろのり)両選手の3点シュ...    
<記事全文を読む>