プロバスケットボールBリーグ2016~17シーズン終了に伴う秋田ノーザンハピネッツの「ファン感謝祭」が21日、CNAアリーナ(秋田市立体育館)で開かれた。ハピネッツは今季参戦した最高峰の1部(B1)で低迷し、来季の2部(B2)降格が決まっているが、会場には1081人が訪れ、シュートコンテストやチアダンス体験、サイン会などを通じて選手らと交流を深めた。

 秋田プロバスケットボールクラブ社の水野勇気社長は頭を丸刈りにして現れ、「1年で1部に戻れるよう、しっかりした体制をつくって2部からチャレンジする。来季も一緒に1部入りを後押ししてほしい」と呼び掛けた。最後はスタッフと選手がハイタッチで来場...    
<記事全文を読む>