プロバスケットボールBリーグチャンピオンシップは二十一日、二戦先勝方式の準決勝があった。シーホース三河(刈谷市)はリンク栃木ブレックス(宇都宮市)との第二戦に65-63で勝利。対戦成績を一勝一敗として第三戦に持ち込んだが、12-14で惜敗。決勝進出は果たせなかった。敵地で声をからした三河のブースター(ファン)は、目に涙を浮かべつつ、健闘をたたえた。

 会場のブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市)は、約四千人の観衆で埋まった。前日に続きほとんどが栃木ブースターだったが、百五十人ほどが「レッツゴー シーホース」と声援を送った。

 第二戦。三河は終盤に追いつかれたものの、残り三十三秒で再び勝ち越し...    
<記事全文を読む>