プロバスケットボールBリーグ1部で東地区1位の栃木ブレックスは21日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で行われたプレーオフ「チャンピオンシップ(CS)」準決勝第2戦で西地区1位の三河に63―65で敗れたが、終了直後に行われた第3戦は14―12で勝利。激闘の末、通算2勝1敗で初代王者を決める決勝に進出した。

 第2戦は序盤から相手の攻撃を止められず、シュート成功率も低迷。第3クオーター終了時には38―57と苦境に立たされた。しかし、最終クオーターに驚異的な追い上げを見せ、三河の攻撃を無失点に抑える一方、熊谷尚也(くまがえなおや)や渡辺裕規(わたなべひろのり)の3点シュートなどで1...    
<記事全文を読む>