プロバスケットボールBリーグチャンピオンシップは二十日、二戦先勝方式の準決勝第一戦があり、シーホース三河(刈谷市)は、リンク栃木ブレックスに68-83で敗れた。会場の敵地・宇都宮市には、三河の熱心なブースター(ファン)が駆け付けた。

 会場は観客三千九百人でぎっしり。ほとんどは栃木のファンだが、その一角を、そろいの青色Tシャツを着た三河のブースターが占めた。ざっと数えて百人程度だったが、懸命に声を張り上げた。

 第一クオーターこそリードしたが、逆転され、劣勢が続く苦しい展開。

 春日井市から応援に駆け付けた会社員安藤美枝子さん(38)は「アウェーの声援に押されて、緊張している気がする。選手を...    
<記事全文を読む>