バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の富山グラウジーズは19日、東京都の国立代々木競技場第二体育館でB1残留を懸けたプレーオフ(PO)2回戦に臨み、横浜ビー・コルセアーズを79-71で下して1部残留を決めた。

 Bリーグ元年に1部入りを果たした富山は、レギュラーシーズン前半戦で5勝25敗と負け込み、結局18勝42敗の18チーム中15位で残留POに回った。2戦先勝方式のPO1回戦は仙台89ERSに2連勝。2回戦(1戦決着方式)の横浜戦は第1クオーターからウィラードや水戸、宇都、岡田の得点で勢いに乗り、前半を9点差で折り返した。第3クオーターに一時逆転されたが、要所での岡田の得点などで振...    
<記事全文を読む>