バスケットボールの強豪、米ゴンザガ大に在籍する八村塁(19)=富山市奥田中、宮城・明成高出=がシーズンを終えて帰国し、大学1年目を振り返った。今季は米国中の注目を集める全米大学選手権(NCAAトーナメント)に日本人として初めて出場し、準優勝を経験。19日に東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで会見し「高いレベルで毎日練習でき、自信になった」と手応えを語った。

 八村は身長201センチ、体重98キロのフォワード。奥田中時代にバスケを始め、明成高では1年から主力として活躍、ウインターカップでは3連覇を達成した。17歳以下、18歳以下の日本代表として国際大会でも実績を挙げている国内バスケ...    
<記事全文を読む>