Bリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝は19~21日に行われ、東地区1位の栃木ブレックスは20日午後1時5分からと、21日午後0時5分から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区1位の三河と対戦する。2戦先勝方式で、勝ち抜けば初代年間王者に王手がかかる。戦力や戦術などを基に展望した。

 ブレックスは準々決勝屈指の好カードと言われた千葉戦に競り勝ち、4強の中で最も大きな勢いを手にしたといえる。1試合平均82・3得点とリーグ3位の攻撃力を誇る千葉を、リーグトップ(平均69・8点失点)の守備で2戦とも70点前半に抑えて勝ち切った。

 三河は千葉とは全く異なる戦術のチーム。攻守の切り...    
<記事全文を読む>