プロバスケットボールBリーグ・秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)の長谷川誠ヘッドコーチ(HC)が18日、2部(B2)降格を受け引責辞任することを明らかにした。長谷川HCはBリーグ発足年度のシーズンを振り返り「上位とのレベルの差を感じた。結果はHCである自分にあり、プロとして責任を取る。今はすっきりしている」と心境を語った。ゆかりの人からは惜しむ声も上がった。

 長谷川HCは秋田NHが2010年にbjリーグに参入した時から、プレーイングマネジャーを務めるなどチーム運営に深く関わってきた。古里秋田に初のプロスポーツチームとして誕生した秋田NHを「自分の一部というか、息子みたいなもので特別な存...    
<記事全文を読む>