7月にエジプトで開かれるバスケットボールのU―19(19歳以下)ワールドカップに向けた男子日本代表の第2次強化合宿に、海陽町出身の西田優大(18)=東海大1年、海陽中―福岡大大濠高出=が参加する。

 第2次強化合宿は19日から21日までの3日間、東京のナショナルトレーニングセンターであり、参加者は西田を含めて15人。最終メンバーは12人で、6月1日から6日まで沖縄で第3次強化合宿が行われる。

 西田は188センチのフォワード。5月にあった関東大学選手権では高い得点力を発揮し、東海大の4強入りに貢献した。4月にはU―19の第1次強化合宿に参加していた。【写真説明】西田優大
<記事全文を読む>