ブレックスの大逆転劇に沸いたBリーグチャンピオンシップ(CS)準々決勝。会場となったブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)は、特別仕様の派手な演出が観客のボルテージを上げた。ホームアドバンテージを存分に生かしたCS限定の演出。鎌田真吾(かまたしんご)社長は「他のクラブがやっていないことをやりたかった。ここがヤマ場。より応援に熱が入る状況をつくりたかった」と意図を話した。

 13、14日の千葉戦。スターティングファイブ(先発)発表の直前だった。会場が暗転した後、突然、天井から床面まで縦15メートル、横7・2メートルの巨大な白い幕が4面下り、コンピューターグラフィックスを駆使した選手のプ...    
<記事全文を読む>