日本バスケットボール協会は16日、男子の東アジア選手権(6月3~7日・長野市ホワイトリング)に向けた日本代表候補16人を発表し、富樫勇樹(千葉)辻直人(川崎)比江島慎(三河)らBリーグ勢と筑波大4年の馬場雄大(富山第一高出)が名を連ねた。5月下旬に12人の最終メンバーが確定する見通し。

 東アジア選手権は2019年ワールドカップ(W杯)、20年東京五輪につながる最初の大会。長野市内で記者会見した日本協会の三屋裕子会長は、日本が五輪の開催国枠を得るにはW杯で16強入りが必要との見方を示し「五輪へのスタート。一戦も気を抜けない」と話した。

 大会には6チームが出場。日本は韓国、マカオとともに1...    
<記事全文を読む>