バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の信州ブレイブウォリアーズは15日までに、小野寺龍太郎監督(35)と来季も契約する方針を固めた。球団側が続投を打診し、小野寺監督も応じる意向を伝えており、近く正式契約を結ぶ。

 小野寺監督が指揮を執った2016〜17年のレギュラーシーズンは14勝46敗で中地区6位(最下位)。チームの片貝雅彦社長は取材に「毎シーズン、監督が代わって戦い方が変わるのは良くない」と説明。一方、他球団からのオファーもあった中で、信州で再び指揮を執る決断をした小野寺監督は「このまま(の成績)では終われない。もう一度、信州でやらせてもらうことが一番だと思った」としている。 <記事全文を読む>