プロバスケットボールBリーグの秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)が14日、CNAアリーナ(秋田市立体育館)での1部(B1)残留プレーオフ第3戦で横浜に敗れ、2部(B2)降格が決まった。B1残留を信じて応援したブースターは残り1秒での逆転負けに、ぼうぜんとしつつも、B2でもチームを支え続けることを誓っていた。

 秋田NHにとって「Bリーグ元年」最後のホーム戦となった14日の横浜戦には、3729人が駆け付けた。観客席は秋田のチームカラーであるピンクのTシャツを着たブースターらで埋まった。

 来シーズンも秋田NHをB1で戦わせたい―。ブースターはそんな思いで声援を送った。秋田NHが第2戦を制した...    
<記事全文を読む>