バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズの2016~17年シーズン終了報告会&ブースター感謝祭が14日、山形市の山形国際交流プラザで開かれ、選手、スタッフが今季の温かい声援に感謝した。

 運営会社パスラボの吉村和文社長が「選手たちが全60試合を戦い抜けたことは、皆さんの声援があったからに尽きる。来季はより良いチームをつくっていきたい」とあいさつ。石川裕一アシスタントコーチ、主将の佐藤正成選手(山形南高出)ら全選手が「困難に直面し、改めてファンの声援に支えられていると感じたシーズンだった」「今季の経験を生かし、1部昇格を目指して頑張る」などと感謝の言葉を伝え、来季...    
<記事全文を読む>